2次元日記のチラシ裏

2次元日記のチラシ裏

多重債務を一本化するのは一見合理的ですが.........。

私の場合は、弟の浪費によって、その借金の穴埋めに両親が返済の肩代わりをするところから始まりました。
ほどなく弟は行方をくらまし、したがって債務の全容などが分からないままに多方面に返済をする生活が始まりました。家族は毎日のようにかかってくる他方面からの電話による督促で精神を疲弊させ、徐々に破滅に向かっていきました。ある時、有力な債権者の主導で、返済の一本化が提案されました。多重債務であちらこちらから返済の督促が来る事に堪えられなくなってしまった両親は、その一本化の提案にすぐさま調印しました。父は住宅設備の自営業をしていましたが、大手業者に圧倒されてほとんど仕事が無い状態でしたので、自宅の建物・土地を担保にしました。その上で返済は月額15万円×30年。消費者金融からの申し出は金利30%という滅茶苦茶なものでした。案の定借金返済のために別の業者から借金を繰り返すという事態に陥りましたが、私に相談があったのは、その別の業者への月々の返済に窮している、という状況になってからでした。担保は地所と家でしたので、結局はすぐに召し上げられてしまったのです。
多重債務の場合は借金を一本化するのは一見合理的ですが、返済によって生活がどの程度圧迫されるかについて冷静な判断が必要となります。適切な段階で法律による支援を受け、債務整理を行なう重要性を知るというにが結果になりました。
老舗菓子会社、自己破産へ 負債3億8900万円 /静岡 - 毎日新聞
毎日新聞老舗菓子会社、自己破産へ 負債3億8900万円 /静岡毎日新聞静岡市内を中心に店舗を構え、1995年9月期の年間売り上げは約6億6000万円に上った。 しかし、郊外への大型ショッピングセンター進出や、コンビニエンスストアの台頭などで集客力が低下。経営立て直しのため中小企業再生支援協議会主導のもとで、債務整理や不採算 ...and more »(続きを読む)